三井住友銀行カードローンは、平日だけでなく土日も申し込み当日の最短即日融資も可能です。

返済に関する基本事項

カードローンの申し込みは他社での利用があっても行えますが、借りられるかとなると話は別です。借り入れが多すぎれば審査に通る可能性は低くなり、通ったとしても僅かな限度額での契約となる場合があります。

借り入れの多さに加えて返済の状況についても需要で、申し込み時点で他社の返済が遅れているなどの問題を抱えている方は、どのカードローンであっても借りるのは難しいです。大手の借り入れ先はもちろん、ほとんどのカードローンやキャッシングで返済ができていない方は借りられないのです。

申し込みをしてきた時点で返済ができていないような状況では、既に返済能力を超えた範囲で借りている可能性が高いです。そのような状況で新規にお金を貸し付けても、今後の返済が正常にできる見込みが薄くなってしまうので、借り入れができないのです。

過去の返済遅れにも注意

過去に返済が遅れたことのある方も要注意です。僅かな遅れが1回や2回程度あったぐらいなら影響はそこまで大きくはなりませんが、長期に渡る返済の遅れや、短い日数でも頻繁に遅れての入金をしていると問題が出てきます。

信用情報機関には利用の状況が記録されているため、何れも返済に関するトラブルとしてすぐに分かってしまいます。今現在は遅れていないとしても、直近で何度も返済が遅れている、不足入金となっているような状況では、信用を落としてしまいます。

カードローンの契約は信用で成り立っているとも言えるものなので、契約時に決められた期日を守れない方は、信用ができないとされてカードローンの利用も不可となってしまうのです。

返済は非常に重要

カードローンの利用における返済は、言うまでも無く非常に重要な点となります。しっかりとした期日通りの返済ができていないと利用が停止される可能性もあり、信用情報にもネガティブな情報が記録されてしまいます。

逆に、しっかりとした返済を進めていれば限度額が増額されたり、今後のカードローン利用における審査にも良い影響が出る場合もあります。借りることばかりを考えるのではなく、カードローンを利用する際には返済をしっかりと考え、計画的な利用となるようにしなければなりません。

トップへ戻る