三井住友銀行カードローンは、平日だけでなく土日も申し込み当日の最短即日融資も可能です。

多重申し込みは避ける

カードローンの審査は受けてみないと結果が分からないので、どこかから借りられるだろうと複数のカードローンに同時に申し込みをしてしまう方がいます。いくつか申し込みをすればどこか一つは借りられるかもしれないと考えるものですが、多重申し込みは全てで審査落ちとなる可能性が非常に高くなります。

これは消費者金融であっても銀行であっても同様で、何社も同時期に審査を受ける多重申し込みは、収入や利用状況に問題が無かったとしても、審査に悪影響を与える代表的な部分となります。

慎重に1社に絞って申し込みをすれば通ったかもしれない方も、何社も立て続けに申し込みを行うことで、審査結果が希望通りにならないといった状況は決して珍しくはありません。つまらない理由で無駄な審査落ちとなってしまわないように、申し込みは慎重に進めるようにしてください。

信用情報機関で確認ができる

カードローンの申し込みに関する履歴は、信用情報機関で一定期間に渡って記録がされています。正確には申し込みの履歴といった項目ではないのですが、何月何日にどこがどういった目的で信用情報を照会をしたかがCICには半年間、残されています。

照会履歴が直近で複数あれば、他のカードローンにも同時期に申し込みをしているとすぐに分かります。何件までが良くて何件以上がダメといった明確な線引きはありませんが、単純に数が多ければ多いほど不利になっていくと考えれば良いです。

申し込みに関する履歴は非常に厄介で、どこかに審査に落ちたからと他のカードローンに申し込みを行えば、その時点で履歴が2件になります。さらにそこでも審査に落ちて次に行くと、3件になります。

1社で審査に落ちた時点で次の審査も不利になり、次々と審査に落ちると履歴が積み重なってさらに不利になってしまいます。借りたいのに借りられないからと焦って次々と申し込みをすると、履歴があるうちはどこからも借りられないような状況になってしまうのです。

慎重に進める申し込み

カードローンの申し込みは手当たり次第に進めるものではなく、慎重によく考えて行うべきです。審査に通らないとカードローンは意味がありませんので、自身で審査に通りづらい状態にしてしまうのは避けなければなりません。

各サービスとも審査基準は明確にしていないので分からない部分が多いですが、それでも多重申し込みなどはどこでも共通をしているマイナスとなるポイントです。より良い条件で借りるためにも、余計な申し込みで信用情報を汚してしまわないように気をつけてください。

トップへ戻る