三井住友銀行カードローンは、平日だけでなく土日も申し込み当日の最短即日融資も可能です。

あくまで最短での審査回答

カードローンの申し込みをする際に重要視されるのが、審査の時間です。申し込みから審査回答までどれほどの時間がかかるのかは気になるところで、なるべく早めに審査結果を知りたい方にとっては審査時間は重要となります。

しかし、注意をしておきたいのは、書かれている審査時間はあくまで最短である点です。必ずその時間で審査が終わるわけではなく、申し込み内容や審査の結果によっては時間がかかる場合もあります。

三井住友銀行カードローンにおいても審査回答は最短で30分となっていますが、場合によっては1時間やそれ以上の時間を要します。時間がかかるから審査に通る、落ちるといったわけではありませんが、申し込み時には最短であると認識をしておき、時間がかかることもあると覚えておきましょう。

申し込み内容による影響

審査に時間がかかる場合で多いのが、申し込み内容のミスです。入力した内容が事実と異なっていると、確認をしなければならないために余計に時間がかかります。確認のために本人に連絡が入ることもあり、時間がかかるばかりでなく余計な手間もかかってしまいます。

申し込み内容の確認のための連絡は、基本的に本人の携帯電話への連絡となります。仕事中であったり電話の対応ができない状況にあると、確認が取れずに審査も進まなくなってしまいます。

その間は審査は保留となり、本人に連絡が付いて確認ができてからの審査となります。連絡が取れるまでに数時間といった時間がかかってしまうと、それだけ審査回答が遅れてしまいます。

審査に時間がかかることは利用者としては何の良い点もないので、余計な時間をかけないためにも申し込みは慎重にミス無く行い、確認のための連絡と思われる電話が入った際には、なるべく早めに対応をするようにしましょう。

申し込み内容のミスには気をつける

申し込み内容にミスがあると、審査に時間がかかるばかりか審査結果に悪影響が出てしまう場合もあります。嘘をついたつもりがなくても嘘として取られてしまってはどうにもならず、ネットで一人で申し込みをする現代のカードローンだからこそ、入力内容の間違いには気をつけておきたいものです。

昔のように店頭窓口で申し込みを行うなら、ミスや間違いがあればその場で指摘をしてくれるのですぐに直せます。しかし、ネットで必要事項の入力をして送信をする申し込みとなる手続きではそうもいきません。

急いで慌てて申し込みをすると間違いが起きやすいので、焦らずによく確認をしながら各項目の入力を行い、最後にもう一度すべての入力内容を確認するようにしましょう。確認する時間よりミスがあって余計な審査時間がかかる方がロスが大きくなるので、何度も確認してミスがないぐらいにしておくと良いのです。

トップへ戻る